仮想通貨ラボ

仮想通貨ラボでは、仮想通貨初心者の方の為にわかりやすく仮想通貨に関する情報をご紹介しています。これから仮想通貨の取引を行いたいと考えている方はぜひご覧ください。

仮想通貨をこれから始める方へ

仮想通貨ラボをご覧頂きありがとうございます。

当サイトはこれから仮想通貨を始める方の為の情報をまとめているサイトとなります。
ここ数年で仮想通貨の認知度は大きく変わりました。

しかし、そうは言ってもまだまだ仮想通貨がどんなものなのかわからないという方も多いと思います。
また、仮想通貨に興味があってこれから手を出してみたいけど、よくわからなくてなかなか手を出せないという方も多いでしょう。

ただ、仮想通貨はこれからどんどん私たちの生活の中に入ってきますので、ぜひこの機会に仮想通貨について学んで頂き、お役に立てて頂ければ幸いです。

まずは仮想通貨の仕組みを見てみよう

仮想通貨
そもそも仮想通貨って何?というところから順番に見ていきたいと思います。

仮想通貨は、その名の通り「仮想」の「通貨」なので、私たちが毎日使っているお金のように硬貨やお札といった形あるものではありません。
自分が持っている仮想通貨がいくらあるかというのは、インターネット上で確認できます。

形のないものなのでなかなか理解しにくいところがありますが、わかりやすいのはポイントカードのポイントです。
ドラッグストアやコンビニ、スーパーでお買い物のたびにポイントをためられるポイントカードってみなさん使った事ありますよね。
あのポイントって、一定数貯まったらお買い物時にお金と同じ価値で利用できたりしますが、だからと言ってお金に換えられる訳でもなく、形もありませんよね。
仮想通貨もそれと同じで形はないけどお金と同様の使い方ができるものなんです。

仮想通貨の始まりはビットコイン

ビットコイン
仮想通貨をよく知らない方でもビットコインの名前は耳にしたことがあるのではないでしょうか。
ビットコインは仮想通貨の銘柄の一種ですが、なぜその名前が有名なのかというと、一番初めにできた仮想通貨がビットコインだからです。

ビットコインを作った人物は「サトシ ナカモト」と言われていますが、実際のところは不明です。
名前だけを見ると日本人ですが、実際に日本人だったのかどうかすらも明らかになっていません。
こんな不思議な一面もあるビットコインですが、数ある仮想通貨の中で今も圧倒的な存在感を示しています。

まだ数は少ないですが、実店舗でもビットコインでの決済が可能となっているお店が徐々に増えてきています。
決済をするということは、お金と同様の扱いになるということですが、仮想通貨をあまりよく知らない方としては、本当に仮想通貨をそんな風に信頼してよいのか、という点が気になると思います。
なぜ仮想通貨が決済などに利用できているのかというと、仮想通貨の仕組みの一つである「ブロックチェーン」という技術があるからなんです。

ブロックチェーンとは?

ブロックチェーン
ブロックチェーンとは、ビットコインをはじめとした仮想通貨の重要な技術の一つです。
まず先にブロックチェーンを説明するにあたり、下記の用語を見てください。

■ブロックチェーン:取引データ
トランザクション:取引データの履歴
ブロック:トランザクションをまとめたもの


つまり、トランザクションをまとめた「ブロック」をチェーンのように繋げて保存している状態を「ブロックチェーン」と呼んでいます。
ブロックチェーンは、一か所で管理されるのではなく分散して管理されるという特徴を持っています。
この分散型管理によって、システムダウンや障害の影響を受けにくいとされています。

ブロックチェーンの仕組み

ブロックチェーンは「分散型取引台帳」とも呼ばれています。

これまでのシステムというのは、システムを管理しているサーバーにすべて保存されていました。
しかしブロックチェーンはデータを複数のコンピューターで管理しています。
一か所で管理していないことによるメリットは、どこかのコンピューターに障害やトラブルが起きても、他のコンピューターが稼働している限りシステムそのものがダウンするという事がないという点です。

データはすべて暗号化

ブロックチェーンの中にあるトランザクション(取引データ履歴)は、誰でも見ることができるという特徴があります。
ただし、取引の詳細内容は暗号化されているので誰も見る事ができません。

また、この暗号化の方式ですがブロックチェーンでは「ハッシュ関数」というものを使っています。
ハッシュ関数は毎回ランダムな文字列に置き換えられますので、一文字違いのデータを暗号化した場合でも、まったく別の文字列に暗号化されます。

取引履歴の公開

先ほどもご説明しましたが、ブロックチェーンでは取引履歴は公開されていますので誰でも見ることができます。
見ることができる内容は

取引件数
取引された通貨の量
ハッシュ値
前ブロックのハッシュ値


これらの内容となります。
こうして公開されている理由ですが、取引データを複数のコンピュータで管理していることで、悪意のあるハッカーなどがデータを改ざんしたとします。
すると、改ざんされていないコンピューター側からは、データが一致しないということがすぐにわかります。
こうしてデータ改ざんやハッキングによる被害を防ぐことができるのです。

これがもし一か所のサーバーでデータ管理していたとすると、そのサーバーがハッキングされてデータ改ざんされてしまったらおしまいです。
つまり、セキュリティ面でもブロックチェーン技術は優れているということがわかります。

マイニング(採掘)

ブロックチェーンでは複数のコンピューターでデータを管理しています。
そして取引が行われた場合、その内容に問題がないかを「承認」するという作業が生まれます。
この承認作業の事をマイニングと呼び、マイニングをすると報酬としてビットコインが支払われます。

仮想通貨のメリット・デメリット

メリットデメリット
仮想通貨と今私たちが使っているお金を比べた時、どのようなメリットがあるのでしょうか。
また、デメリットとなる部分はないのでしょうか。

メリット

仮想通貨が日本円やドルと大きく違う点は、まずそれを管理するのが国ではないという事です。
日本円なら日本、ドルならアメリカが管理をしています。
国が管理しているということで信用できるという見方もできますが、一方で国によってその価値が左右されるとも言えます。
例えばその通貨を管理する国がもし破たんすれば、お金の価値はなくなり紙屑になってしまいます。
しかし仮想通貨は国のような一つの権力が管理支配しれいるものではありませんので、国の経済状況などの影響を受けることはありません。

また、海外への送金にとても有用です。
お金を海外へ送金する場合、銀行を通して行うこととなり、時間と手数料がかかります。
しかし仮想通貨は銀行を通す必要がないので送金スピードも速く、銀行へ手数料を支払うこともありません。
こうして国境のない通貨である仮想通貨は、従来の通貨に比べてコストを抑えて送金をすることが可能となるのです。

そして最後にもう一つのメリットは、投資対象としての価値です。
仮想通貨の価値は常時変化しています。
株やFXと同様に安いタイミングで購入して高くなった時に売れば、その差額が利益となります。
仮想通貨の価格変動は非常に大きなもので、いま投資対象としてとても注目されています。

デメリット

仮想通貨は投資対象として注目されており、大きな利益を上げられる可能性がありますが、ある意味ハイリスクハイリターンです。
大きく価値が上がる可能性がある一方で、大きく価値が下がる場合もあります。
ですから、仮想通貨投資を行う場合にはそのリスクをきちんと理解した上で行わなくてはなりません。

もう一つのデメリットは、ハッキングや取引所倒産被害に遭う可能性です。
仮想通貨はインターネット上にのみ存在しているという性質上、悪を持ったハッカーがハッキングする可能性がゼロではありません。
過去にも仮想通貨取引所がハッキングされて通貨が盗み取られたという事件がいくつかあります。
有名なものではマウントゴックス事件やコインチェックの事例があります。

マウントゴックス事件は、当時国内最大級の取引所であったマウントゴックスがハッキング被害を受け500億円近い仮想通貨が消失した事件です。
これにより、マウントゴックスは経営破たんしました。

また、コインチェックもハッキング被害にあい、580億円相当のネムコインが盗まれました。
幸いコインチェックは破たんせずに済みましたが、もし自分の通貨を預けている取引所が破たんや倒産してしまうと、預けていたコインが戻ってこなくなるという可能性があるのです。
こうしたリスクがあることもきちんと理解した上で正しい情報を見極めて取引を行うことが大切です。

まずは取引所のアカウント開設

パソコン
仮想通貨を手に入れる為には、まず初めに取引所のアカウントを開設しなくてはなりません。
仮想通貨取引所では、「取引所」を利用して他人と取引を行うか「販売所」から購入するかの二つの方法があります。
どちらを利用しても構いませんが、それぞれ特徴がありますのでご紹介します。

取引所

株やFXの取り引きと似ていて、いわゆるオークション形式の取引になります。
取引所内で仮想通貨を売りたい人と買いたい人が希望価格を出し合って一致すれば取引成立となります。
価格やコインの量の折り合いがつかないと取引成立しませんが、販売所よりは安く購入できるメリットがあります。

販売所

販売所は企業があらかじめ保有している通貨を企業の言い値で購入する方法です。
取引所とは違ってこちらは企業が指定している金額を出せば即時購入できます。
ただし、取引所に比べてやや価格が高いというデメリットがあります。

初心者の方はまず仮想通貨についてしっかりと勉強をした上で取引を始めることをお勧めします。
また、取引所はたくさんありますが、初めは国内の有名な取引所でなおかつ金融庁から認可を受けている取引所に登録するのがおすすめです。

※GMOインターネット(東証一部上場)グループのGMOコインは取引所ではなく販売所にはなりますが、まずはビットコインを買ってみたいという方にはわかりやすくておすすめです。
 
【GMOコイン公式】https://coin.z.com/