仮想通貨ラボ

仮想通貨ラボでは、仮想通貨初心者の方の為にわかりやすく仮想通貨に関する情報をご紹介しています。これから仮想通貨の取引を行いたいと考えている方はぜひご覧ください。

仮想通貨とは?

仮想通貨とお金
仮想通貨の話題は最近あちこちで耳にすると思いますが、仮想通貨が一体なんなのかを理解していない方は多いと思います。
そこで、まずは仮想通貨について解説していきます。

文字通り仮想通貨は「仮想」の通貨です。
円やドルのように形あるものではありませんので、実際に手にすることはできません。

仮想通貨は実態のないお金

仮想通貨と呼んでいるお金、実は日本独特の呼び方で海外では「暗号通貨」というのが一般的です。
この仮想通貨が今までのお金と大きく違うのは、国に依存していないので国境がないというところです。
そのため、わざわざ日本円からドルに換えて使う、といった手間もかからないのです。

国に管理されないお金って?

仮想通貨は国が発行しているお金とは違いますので、その発行量などを国が決めることはありません。
国が発行するお金はその国の情勢などによって価値が左右されてしまいます。
最悪、その国が破たんしたら1円の価値もなくなってしまう可能性があります。
しかし、仮想通貨は国が発行元ではありませんのでそうしたリスクはありません。

両替不要で海外送金も早い

仮想通貨の大きなメリットは、国に依存していないのでどこの国でも同じように使えるというところにあります。
海外旅行へ行くと日本円から現地のお金に換金するときにレートによっては損をしてしましますが、仮想通貨の価値はどこの国へ行っても同じです。

また、海外への送金が非常に便利なのも仮想通貨の特徴です。
普通なら銀行を通して海外へ送金しますから時間と手数料がかかります。
でも仮想通貨の場合はもちろん銀行を通す必要がありませんので、銀行へ手数料を支払う必要もありませんし、ものの数秒程度で海外への送金が完了してしまうのです。
 

仮想通貨とブロックチェーン

ブロックチェーン
仮想通貨といえばブロックチェーンです。
サトシナカモとが開発したブロックチェーン技術は、仮想通貨にはなくてはならないものとなっています。

今は仮想通貨だけの技術のようになっていますが、今後ブロックチェーンはいろいろなところで応用されていきます。
すでに銀行などの金融機関でもブロックチェーン技術の導入を進めているところがあります。

セキュリティが強い

ブロックチェーンはとにかくセキュリティが強いといわれています。
その理由は分散管理されるというところです。

もし、私たちが利用している銀行のコンピューターがハッキングされてしまったらどうしようもありませんが、ブロックチェーンは分散型管理なのでどこかひとつのサーバーをハッキングしても意味はありません。
なぜなら、同じように情報を管理している他のコンピューター達にも同じ情報が共有されていますから、一部のコンピューターがおかしな情報を発信すると、すぐにそのコンピューターの情報が誤りであることがわかるからです。

電子マネーと仮想通貨の違い

よく仮想通貨を電子マネーと混同している方がいます。
しかし、仮想通貨と電子マネーはまったくの別物です。

確かに、電子マネーは実際にお金を持っていなくても決済ができる便利なシステムですが、元となっているのはお金です。
身近なものでいうとSuicaは、カードに事前にお金をチャージしておいて、それを使います。
ですから、電子マネーの場合は形を変えただけであって日本円に変わりありません。 でも仮想通貨はそもそも日本円ではありません。

関連ページ